Yuryi
◆Twitter


◆ニコニココミュニティ

◆Tumblr


◆Ask.fm




CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


実在する建造物などとは一切関係ありません。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
[bike] 自転車カテゴリ新設に向けて

ゲームイベントの人だと思われてそうですが

 

実は

自転車安全整備士 の私。

(今は自転車屋で働いてません)

 

 

 

ゲームイベントの告知とレポばっかりで記事が埋まっちゃってるので

たまには面白い記事を・・・ッ!

 

ということで、自転車関連カテゴリ作って、主にメンテナンスに関する記事を書いていこうかなーなど。

 

 

 

 

 

 

 


 

◆自転車安全整備士

 

 

まずは自転車安全整備士としての私の紹介。

 

私は18歳から自転車屋さんでアルバイトしていました。

業務内容は自転車の販売・点検・修理・組立、その他あらゆる雑務。

 

いずれ資格をとって、自転車屋さんに就職をと考えていました。

受験資格の「2年以上の就業経験」を満たして2012年に試験を受け、合格。

結果的に今は全く違う仕事をしていますが、その辺は割愛。

 

もともと自転車が好きだったわけでもなく、

家から近いバイト先を探していたら、新しく自転車屋ができていたのでそこに...w

自転車知識ゼロから始めた自転車屋さんは

それはそれは知識がどんどん入ってきて、とても楽しかったです。

あの頃は毎日自転車担いでたので上腕筋ムキムキでした()

 

1年半で、点検や修理はほとんどできるように。

いつのまにか、自転車修理とその接客が大好きになっていました。

 

工具も大好きです。

工具がもはや「可愛い」と思える人間です。(笑

 

 

▲半年共に闘った腰袋と、メッキの光沢具合がベリーキュートな六角。腰袋がもはやカワイイ。

 

 

ロードレーサーなどのスポーツ車知識と技術は自分が乗っていないのもあって、

自分で自転車組んだりメンテできるような一般のガチバイカーには到底敵わないです。

「ギア比がさ〜」なんて会話も無理です。頭痛くなります。()

 

自転車は常に新しい形のものが生まれるし、パーツや仕組みも進化していきます。

実際に大きなお店で働いている店長クラスの人でさえ、まだまだわからないことばかりの世界。

 

働いていたのがスポーツ車専門店というわけでもなかったので、

知識&技術レベルは、街の小さな個人経営店と同等ぐらいで落ち着いています。

 

 

 

 

 

 


 

◆自転車に関する記事を書こうと思った理由

 

 

もう長いこと自転車屋から離れていて、

今では自分の自転車を調整するくらいしかしていません。

長いこと技術と知識をしまっておいたら鈍ってしまう。という自分理由はまずあるのですが....

 

一番は、

 

「自転車のことなんて全然わからないし、乗るだけのもの。」

という皆さんに、少しでも自転車のことを知ってほしいから。

 

 

なんで? と言われると長いお話になってしまうんですが...お話しましょう。

 

 

(ほんとに長いよ)

 

 

****************************************************************

 

私が自転車屋さんで働いてすぐ、想像以上でビックリしたことがあります。

 

[1] 販売台数

当時働いていたお店は、学校の体育館くらいの大きなお店でした。

休日の販売台数は優に100台を越えます。

自転車屋なんてそんなに忙しくないだろうとか思ってたのに忙しすぎワロタ状態でした。

 

[2] 処分台数

販売台数から察しがつくかと思いますが、ほとんどが乗り換えです。

子供用のものは、お古で下の子に...なんてケースがあるので、

1日に100台売れれば、70台の粗大ゴミが出ると考えてもらって良いと思います。

こんなにゴミがでるの・・・?! と、衝撃でした。

 

 

なんでこんなに捨てられ売れるのかというと、

 

自転車が壊れたので修理のためお店に持っていく

修理に5000円かかるらしい

新しいの買ったほうが良くね?

 

こんな流れがとても多かったです。

 

今は、安いものだと8000円以下で新しい自転車が買えてしまいます。

一番売れる車種がそれでした。

イイ自転車に乗っていなければ、新しい自転車を買ったほうが良くなるわけです。

 

更に、安い自転車は高級スポーツバイクくらい盗難被害が多いです。

手ごろそうだし、目立たない。デフォルト装備の鍵が簡単に解錠できちゃうなんてことも。

「どうせ盗難される。だから高いのは買わない」 という考えのお客さんもいました。

でも、その盗難された自転車はいずれどこかに放置されて撤去され、処分されている。。

 

安いものはパーツが安い=ショボイ=壊れやすい。

安いものは盗難に遭いやすい。

安いものはちょっと壊れたら買い替え。

という、安価な自転車の負のスパイラル。

 

 

「自転車は"乗り捨て"なんだなぁ。」 と思わされました。

 

 

一方、中年〜のオバチャン・オジチャン層はそうでもなく。

ここでちょっと心が温かくなるお話。

 

「もう10年以上も乗ってるボロチャリなんだけど、直してもらえるかしら?」 と、修理に来た方が居ました。

ブリヂストンで、当時なら「イイ自転車」。値段も3万円弱はくらいしたと思います。

今の8000円程度の自転車よりは+6000円くらい素材が良いかな〜ぐらい。

修理内容は後輪交換で8000円ほどの修理だったし、

それを直せても、状態が悪いため近いうちに他の部分がダメになって換えることになりそうでした。

 

全て説明した上で、

「もう10年も乗ってて愛着わいちゃってるから直して〜(笑)」 と。

 

直す道を選ぶ方は本当に僅かで、基本的に買い換えを選びます。

嬉しい気持ちより、信じられない気持ちのほうが大きかった自分にもビックリ。

 

時代と共にモノが安くなってきたこともあるし、

今の若い人たちには "モノを大切にする" という感覚も薄れてきているのかなー なんて思わされる一件でした。

 

 

 

まぁでも、そもそもこんな高額修理になる前に

正しい乗り方をしていれば、定期点検で予防できます。

パンクだって、ちゃんと空気を入れていればそうそうしません。

 

病気と同じで、予防をすること・早期発見が大事なんですよね。

このことをもっと多くの人に理解してほしいなーと思っています。

 

「ペダルが重たくなったから空気が減っている、ブレーキのききが悪くなった、変な音がする。」

せめて自分でこういった症状に気付けるようになれば良いし、

気付けないなら定期的にお店へ行って点検してもらうのが理想。

 

車には車検があるけど、自転車にはないですよね。

自転車だって公道を走る軽車両。

「定期点検が理想」 っていうか、本来なら当たり前のことじゃないでしょうか。

もちろん販売者がそれを伝えることや、アフターメンテナンスを承ることだって必要だろうと思っています。

 

 

それでもやっぱり、

安すぎる自転車(=壊れやすい) を買うよりも、

もう少し高くて丈夫なものを買ったほうが良 でしょうね。 (負のスパイラルこわいよう!)

 

今はオシャレな自転車が増えてきているので、自然と愛着がわくのではないでしょうか。

愛着がわけば、メンテナンスもするし、ちょっとくらい自分で調整したり、修理したり、カスタマイズしたり。

“モノを大切にする” ことができるんじゃないかなーと思っています。

 

 

数年前からスポーツ車ブームで、沢山の人が乗るようになりましたね。

日本の道路環境や交通ルールの認識が変わらず、スポーツ車に乗る方の事故が急増している現状もあります。

定期メンテナンスをすれば、整備不良による事故は防げます。

 

安い8000円の一般車とは違って、スポーツ車の価格は2万円くらいから。

値が張る分、きっと少しは大切にしてくれるだろうとは思うのですが...

浅い知識で"乗っているだけ"では、故障や事故のリスクが高まる、"ただの危ない乗り物"です。

 

一般車に乗っている方で 「自転車は定期メンテナンスをするもの」 という認識のある方はほぼ居ないでしょう。

スポーツ車に乗り換えた後、ある程度の知識をつけずに"乗っているだけ"では、その認識が変わることもほぼない。

それも恐いところですよね。

 

このスポーツ車ブームも、エコブームにあやかって、

「車じゃなくて自転車に乗ろう!」 「今、自転車通勤がアツイ!」 とか謳って売られていきました。

 

私の見てきた処分自転車の数は悲惨でした。

撤去保管場からも、毎日多くの自転車が処分されています。

まずはモノを大切にする心が本当のエコなんじゃないのかねぇ...と思うばかりです。

 

 

 

買うのは安い自転車でも良い。

  定期的にメンテナンスをして、大切に、長く乗ってほしい。

 

 

できれば少し高い、良い自転車を。

  お気に入りの一台を見つけて、愛着をもって、長く乗ってほしい。

 

 

 

だから、

 

"「自転車のことなんて全然わからないし、乗るだけのもの。」"

"という皆さんに、少しでも自転車のことを知ってほしい。"

 

 

****************************************************************

(....ながっ!)

 

 

今乗ってる自転車に愛着を持てるキッカケになるように。

お店に持って行くとお金のかかる簡単なメンテナンスや修理が自分でもできるように。

今乗ってる自転車が好きな人のために。

 

少しでも、自転車のことを知ってほしい。

自分の心から、自分の手で、大切にしてほしい。

 

そのための役立つ知識を少しでも提供できればと思って、

自転車関連記事を書き始めることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

いうわけで、

 

 

今後自転車関連記事を書いていくことになりますが、

 

私はそこまで完璧に自転車を理解しているわけでもなく、

スポーツ車の調整や修理において、プロフェッショナルな技術と知識はありません。

 

というのを踏まえて読んで頂けたらと思います。

 

もうオワコンなネタ出しちゃうときもあるかもしれないし、

ツッコまれることもありそうな...

 

 

内容は、きっとメンテナンス講座主体になります。

最初は初歩の初歩から。

自転車なんて乗る以外に触ったことのないわよ〜な方に優しい記事を目指s...(不安)

 

既にパンク修理ができる〜なんて人にも嬉しい小技もあったりするので、

調整・修理方法を知っている方にも読み応えのある記事が書けるはず。。

 

更新頻度が悲しいことになりそうですが、

自転車に乗っている方には是非、ちらっと覗いてくれればいいな〜と思っています。

 

 

というわけで。

 

またいつか!(殴

1月中に1本は更新しますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by Yuryi | 20:57 | ◆自転車 | - | - |